kitchen / 再生 / bath
 UR都市機構が主催し、新建築社 が後援した実施コンペの応募案です。東京都足立区の花畑団地において老朽化等の課題を抱える団地を再生し、現代社会に活かす方法を考えるコンペでした。高 度成長期につくられた団地の今を考えることは、資源やエネルギーの消費を抑える建築の現代的な課題に思えました。
 ここではまず出来るだけ少ない材料と工事で、コストとエネルギーの消費を抑えています。そして老朽化した既存の細かい間取りを撤去し、部屋を大きく広げ ることを提案しました。住み方が多様化した現代の人々が、より創造的に空間を使えることを期待したからです。既存の間取りは3Kでしたが、新しい間取りは キッチンのある大きな部屋と、バスルームのある小さな部屋の2部屋です。それらの大小2部屋を、生活にあわせて使い方を変えていく提案でした。
 また2つの部屋の間は、既存内装木材を再利用した壁と建具で仕切っています。広く新しくなった2つの部屋の間で、再生された古い木材が、時間を経た質感 を残しています。優れた住環境を今に伝える団地において、新しいものと古いものとが共存し、より建設的に現代に活かされることを期待しました。
 2次公開審査を経て佳作受賞。


  

 

■所在地 : 東京都足立区

■主要用途 : 共同住宅
■敷地面積 : 1322.31u
■建築面積 : 170.66u
■延床面積 : 669.92u
■階数 : 地上5階建
■構造 : 鉄筋コンクリート造